普段(そして過去に)使用しているギターやエフェクターなど音楽機材やitem、サンプラーやソフトシンセなどのレビューを勝手な視点で紹介してこうと思ってます。
自分の音楽ジャンルはJazz/ Nu-Jazz/ Downtempo/ Contemporary Classical などなのでそっちの使用感に偏ってます。

私の音楽をiTunesで買って下さい!(amazon.comでも買えるよ)

スポンサー広告

2006/11/09

iPod死亡。そして、完全復活!


ず〜〜っと調子が悪くってリストアしたりハードディスクを消去してやりなおしたりしてだましだまし使ってんすよ。そしたら最近・・・

「サッドiPod」がでて本格的に死にました。

そこで、Apple USAのウェブサイトで修理の申し込みができて修理代もわかるって聞いたんでさっそく手続きしてみると、

修理代・・・277ドル。

は?277ドル??って30ギガ(ビデオ付き)新品のほうが安いじゃん。なんで20ギガ2年前モデルの修理代のほうが高いのよ?
きっと最初っから直す気なんかないんだろうな。新しいのを買え。っつーことですか。

そんなわけでリサーチしてみました。そこで見つけたサイト↓

http://www.lowendmac.com/zisman/06/0911.html

このサイトによると・・・ 「実はハードディスクの故障と思いきや、たいがいは内部のケーブルに問題がある。テープで止めてあるだけ(!?)の場所があるので、そこをプッシュすれば直っちゃったりする。」んだそう。

というわけで・・・開けてみました!(これが結構難関だったんだけれども。)
あとはサイトで読んだ箇所を指でスリスリ。そう、開けてスリスリ。それだけ。

蓋を閉じると、普通に再生。。。。
はっは!完全復活しました。しかも新品ばりに快調!
つーか、この事実、、アップルサイトではぜんっぜん触れられてません。絶対アップルの連中知ってんだろうな、コレ。つーか寿命短くするためにわざと隠してんじゃねーのか?これでiPodを買い替えた人っていっぱいいるんだろうな〜。

そーです。開けてスリスリ。それだけ。
ま〜、開けるのが一苦労なんだけれども。これもアップルが簡単に開けてスリスリされないように開けにくくしてんじゃねーのか?
明日からebayで調子悪いiPod買いあさって「直して転売」ビジネスはじめまーす。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...